経理の強い味方、会計ソフト

経理の強い味方、会計ソフト

経理の強い味方、会計ソフト

私が事務員として勤める会社では会計ソフトを導入して経理業務を行っています。日々の取引の仕訳を入力すると、総勘定元帳や補助元帳などの帳簿や、合計残高試算表や損益計算書などの財務諸表も同時に作成されているので、とても便利に処理できるのです。経理が未経験だった私でしたが、入力は簡単で、小さな会社なら簿記3級程度の知識があればできます。

また、会計ソフトの機能はそれだけではなく、決算書や消費税申告書なども自動で作成されるのです。初めて使った時、その便利さには驚くばかりでした。会社経営を力強くサポートしてくれる会計ソフトは、必要不可欠なものであるといえます。最新のものは消費税率改定にも対応しているので、税額の計算も自動でしてくれます。メーカーによっては、利用者登録などを行えば、操作方法がわからないときや処理方法に困った時なども丁寧に教えてくれるサポート体制があるところもあるので、導入する際は、いろいろ比較検討するのが大切です。